気象警報発令時における児童の対応について(お願い)
1 暴風警報・大雨警報・洪水警報・大雪警報が高野町に出ているとき。
(1)午前7時に暴風・大雨・洪水・大雪の警報が一つでも発令中の場合は,自宅待機させてください。(自宅待機とは,いつでも登校できる状態で家にいることです。)登校時間前の判断は,午前7時の時点で警報が出ているかいないかで判断します。
(2)午前7時から午前10時の間に警報が解除された時は,学級連絡網を通じて連絡します。(最終判断は,10時00分です。)警報が解除されているときは,学校からの連絡を受けてから,安全を確認して集団登校させてください。なお,7時の時点で警報が発令されている時は給食は中止となるため,授業形態及び弁当の有無については学級連絡網でお知らせします。
(3)午前10時に解除されなかった時は,臨時休業とします。
2 児童が学校にいるときは,状況を判断して安全な状態になったとき下校させます。(地区委員さんは,道路状況を確認して学校に連絡お願いします。)
3 登校が危険な状況と保護者が判断されたときは,登校を停止(自宅待機)させてください。この場合は学校へ連絡をお願いします。
◎地域において山崩れ・がけ崩れ・洪水などの危険な状況が発生したときは,至急,小学校(電話56-2140)までお知らせくださいますようお願い致します。
◎警報を正しくつかむためには,気象情報を随時確認してください。
 
もどる