研究主題        

ともに学び合う楽しさを実感し、意欲的に活動する児童の育成

―自分の考えを書く活動の工夫からわかる授業づくり―

主題設定の理由           

本校では「思考力・判断力・表現力」を確実にはぐくむために、「基礎的・基本的な知識・技能」と「豊かな人間性」「たくましく生きるための健康や体力」をあわせもつ児童の育成を目指し、研究主題を「一人ひとりの良さを認め合い、意欲的に活動する児童の育成」とした。

 昨年度は、「表現活動の充実を通して」というサブテーマを設定し、国語科の「話すこと・聞くこと」での指導の検討、相手の考えや立場などを尊重して伝え合う活動の充実、伝え合える集団作りに重点を置き取組を進め、互いに学び合う力の向上を図ってきた。さらに、コアティーチャー養成事業での研修を受けて授業改善にも努め、「基礎・基本」の習得、言語環境の整備、家庭学習にも取り組んできた

 これらの取組により、聴型・話型、話し合いの型等のスキルに沿って発表や話し合いができる児童が増えた。また、低学年ではペア学習、中・高学年ではグループ学習を用いて学習を進める姿も見られるようになった。しかし、話し合いを通して自分の考えを広げたり、深めたりするという点では不十分さが感じられた。その原因として、自分の考えを持ち、自分と比べながら相手の話を聞くことができていないこと等、互いの考えをつなぎ合う活動が不足していることが考えられた。また、相手にわかりやすく表現するための語彙の乏しさ、個々の力の差の広がりも課題として残り、どの子にも表現力が定着するよう学校生活全体での取組の継続が必要であると考えた。

そこで、今年度は、相手の考えや立場などを理解し、相手の考えと自分の考えをつないでいく活動の充実に重点を置き、意欲的に活動する児童の育成を目指したい。具体的には、授業改善の取組を継続する中で、練り合い学習の部分の充実を進める。そのために、相手の話を自分と関わらせて聞く力を伸ばし、自分の考えを広げ深める経験を重ねさせたい。また、伝え合える集団作りにも留意し、互いに学び合う力の向上を図りたい。さらに、授業改善の取組や児童一人ひとりの能力や特性に応じた学びを意識した効果的な教材・教具の工夫、補充学習・反復学習による「基礎・基本」の習得、言語環境の整備、家庭学習の取組を進めることを引き続き大切にしたい。

研究内容        

1.      相手の考えと自分の考えをつないでいく活動の充実

             練り合い学習を充実させた授業の検討

         (ペア・グループ学習、話し合い 、発問の工夫 等)

             つなぎ合う活動の指導(朝の話、日記・作文の交流 等)

             つなぎ合うための基礎的な力の育成(挨拶・返事・発声指導、読書指導 等)

2 .授業改善の取組

              明確なねらい、子どもの思考(練り合い)、まとめ・振り返りのある授業展開の実践
                                               (板書、ノート指導、書く時間の確保)

3 学力向上の取組

              補充学習の充実

             家庭学習の継続的な取組

             各種学力テストの分析と対応

4 先進校等の調査研究





                                              学力向上シート


                 
生活科指導案             国語科指導案