活動の記録 2018

10月 秋季遠足(高野山方面)

10/15 秋季遠足

 教育委員会の木本さんの解説を聞かせていただきながら霊宝館の見学をしました。
 以前にも見学したことはあったのですが,展示物に関わる詳しいお話を聞かせていただきながら見学できたので,新しい発見や知識を得ることができて勉強になりました。
霊宝館の見学を終えて壇上伽藍に向かいます。
ここからは役場の茶原さんの案内で奥の院を目指します。

ぐるぐる回して経を唱える代わりになります。
壇上伽藍には神社もあるのです。

根本大塔と対になる西塔です。

国宝 不動堂です。

奥の院からの町石です。一町とあります。奥の院では三十七町から始まります。

金剛峯寺

今回は時間の都合で外からの見学です。
奥の院に向かいます



 奥の院では台風の影響で,大きな木が折れたり倒れたりしていました。墓の石塔が倒れたりしているところもありましたが,石は墓の持ち主さんしか触ることができないので,修復の手がつけられないようです。
折れた木は機械を入れて撤去の作業を進めています。
 奥の院に踏み込みます。
 お墓にまつわるエピソードや情報を聞かせていただきながら進みます。
姿見の井戸

ちゃんと写っていました。

ここでお詣りして,奥の院に来たことを伝えます。
森林学習展示館へむかいますが,かつてはスキー場だったという山を横切って近道。
森林学習展示館では,米田さんに指導していただき,草木染めを体験します。
栗のイガを煮詰めて,その煮汁で染めます。
手提げ袋を染めます。輪ゴムで絞って模様をつけます。
縛り方を工夫して,ねらった模様にしたいですね。
縛ったものを煮汁に浸けて染めていきます。20分間混ぜます。
さらに焙煎液に移して20分間混ぜます。
軽く水洗いをして,縛っていた輪ゴムをはずし,さらに水洗いです。
恒例の俳句を詠みます。
みんな狙い通りの模様になったでしょうか。
なかなか渋い色に染め上がりました。